建築について学ぼう!

建物好きこの指とまれ / タイトル

建築関連の資格について

建築関連の資格の代表的なものとして、建物の設計や設計に基づく監理を独占的に行える建築士が挙げられます。
種別として、手掛けられる建物の規模や内容によって、木造・二級・一級・設備設計一級・構造設計一級に分類されています。
これらの資格を取得するには、毎年一回行われる試験に合格しなければならず、試験をうけるための条件として、専門学校や大学の所定の学科を修学し卒業していることや、実務経験を得ていなければなりません。
また、設計や設計監理以外にも、施工管理技師という資格もあり、主に建物を設計図通りに完成させるように工事をスムーズに進捗させる役割を持ち、協力業者をまとめながら円滑で安全な工事を進めるスキルが求められています。
施工管理技師については、建築工事における様々な工種の監理技術者になることができ、一定金額以上の工事には必ず専任で監理技術者を付けなければなりませんので、そのための人材として需要があります。

転職で有利な建築系資格について

建設業界で転職する場合は、専門資格や実務経験がないと仕事が務まりませんので、ほとんど採用されることはありません。
転職で最も有力な資格は、一級建築士や技術士などであり、専門性の高いものでなければ面接の機会を与えられることすら難しい状況です。
また、一級建築士にはさらに上級のグレードがあり、設備設計の実務経験を5年以上積んでいる場合は、指定の試験に合格すると設備設計一級のライセンスが付与され、同様に構造計算の実務経験を5年以上積んでいる場合は、構造設計一級という上位のライセンスが付与されます。
それぞれの資格者は、一定規模以上の建物を新築する際に、法律で必ず選任として担当することが義務付けられていますので、建設業界の転職市場において、高い需要が維持されています。
このように、建設業界では上位のライセンスを取得していると、転職に有利に働きますので、自身のキャリア形成において、重視しておくことが大切です。

Favorite

「全身脱毛総選挙 脱毛サロン料金比較」

最終更新日:2018/6/6

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
トップへ戻る▲