建築について学ぼう!

建物好きこの指とまれ / タイトル

建築の果たす役割とは

私たちにとって、建築は大変身近な存在です。
もっとも身近なものでは私たちが住んでいる家があります。
その他にも学校、病院、お店…など考えたらきりがないほど、私たちの生活と切っても切れない関係にあります。
では建築はなんのためにあるのか、と考えますと、寒さや暑さ、雨風から私たちの身を守るためにあるのだと言えます。
また一日しかもたないのでは意味がないので、身を守る状態が長く続く必要があります。
「衣・食・住」という言葉がありますが、建物は私たちを外から守るための大きな衣服のような役割をしているのです。
しかし同時に、外の世界と内の世界をつなげるという、外の世界から身を守ることと正反対の目的も持っていることが、建築の面白いところです。
どんな建物にもほぼ必ず、外からの光や風を取り入れるための窓があります。
日本の家屋が古くから持っている縁側は、外の景色、風や光、温度などを家の中からでも感じるためにあります。
このように、建物はたくさんの目的ー場合によっては矛盾しあう目的ーを同時に満たすように作られているのだと言えます。
学校や病院、オフィスなど、特有の目的をもつ建物にはさらに必要な条件が増えます。
このような目線で見ていくと、建物の窓ひとつ、柱ひとつをとっても重要な意味があることが分かります。
あなたの身近にある建物をもう一度改めて見ると、新たな発見があるかもしれません。

建物を建てる建築は職人が主役

建築と言っても、そこからまた枝分かれしていきますが、基本的には建物を建てることをいいます。
建物を建てるには、職人がいなければ建てることは出来ませんから、職人は裏の主役と言っても過言ではありません。
この職人にもいろんな種類のものがあります。
職人が一種類だけでは建物を建てることすらできません。
大きく分けると内装の職人と外装の職人さんがいますが、内装の場合でも設備関係や電気、仕上げを行う人など様々です。
外装に関しても基礎から始まり、コンクリート打ち、鉄筋、塗装など色んな種類があります。
内装と聞くと、大工さん?と言う人がいますが、それだけではないんです。
中の仕事を手がける設備や電気屋さんも、内装なのです。
ただ、職人さんだけでは、建築現場を進めて行くことは出来ません。
指示をする監督がいなければならないのです。
この監督の能力一つで、現場は修羅場になったりもします。
片付けがされない現場なんていうのは、監督の能力がでている証拠です。
綺麗で片づけが行き届いているところは、監督がきちんと段取りをして、綺麗にしているのでしょう。
監督がいて、職人がいると言うのが、建築現場の基本的な構成ですが、その人それぞれの能力によって、建物の質が変わってくるのは間違いありません。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

pickup

赤帽を利用

新小岩 インプラント

大阪でダイビングライセンスの取得

最終更新日:2018/7/25

トップへ戻る▲